• カレンダー

    2014年7月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

消費者金融を主婦が利用するには

Posted By on 2014年6月22日

日常生活をしているなかで、ご主人の給料日前に急な出費が重なり、一時的にキャッシングを考える主婦のかたも多くおられると思いますが、主婦はキャッシングができるのでしょうか。

主婦がキャッシングをするにはまず専業主婦なのか、兼業主婦なのかによって利用の仕方が違ってきます。
消費者金融でキャッシングをするときは、パートやアルバイトで収入を得ている兼業主婦に限られます。
消費者金融は貸金業法の総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と制限されているので、収入のない専業主婦は利用できません、兼業主婦のパートやアルバイト収入は年収とみなされるので消費者金融、銀行のカードローンのどちらでも利用することができます。

専業主婦がどうしても消費者金融を利用したいときは、ご主人と相談の上ご主人の収入証明で融資を受ける事はできますが、ご主人名義となり本人の名義がつかえません。

専業主婦がキャッシングを申込むときは銀行カードローンに限られ、銀行は消費者金融ではないので総量規制が影響せず年収に関係なく融資を受けることができ、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は専業主婦用の商品もそろえられ融資限度額は30万円以内になりますが、個人名で利用することができ、イオン銀行でも専業主婦の商品がありこちらの融資限度額は50万円までとなっています。

銀行カードローンなら金利も安く、安心感があるため人気がありますがいざというときのためにカードを前もって用意しておくのもひとつの方法といえます。

キャッシング初心者は意外と知らない、返済方式

Posted By on 2014年5月30日

キャッシングに関する専門用語は実に多いものです。
普段使うことの無い言葉が出てくることはあるでしょう。
キャッシング初心者はその言葉を深く考えることなく受け入れてしまうことがあります。
例えば返済方法と返済方式の違いです。
同じように感じられますので返済方式とは返済の方法を指しているものと考えることもあるかもしれません。
それは違います。

返済方法とは、返済を行うための方法です。
ATMから返済を行うことも返済方法となりますし、振り込みによる返済も返済方法の一つになります。
一方で返済方式とは、毎月の返済額を決めるための計算式です。
もっとも多く一般的となっているのは残高によって返済額が変わる返済方式です。
呼び名はさまざまありますが残高スライド返済方式と呼ばれることが多くなっています。

返済方式は毎月の返済額を決めるためのものではありますが、基本的には最低返済額を決めるためのものです。
消費者金融では毎月の最低返済額以上の返済は自由であることが多くなりますが、銀行では返済額が固定となっていることもありますので返済方式はよく考えなければならないこともあります。

毎月の返済額が最低返済額以上となっているときには自由に返済金額を決めることができますので給料の中から返済に回す金額を考えながら返済計画を立てることができます。
そのときには最低返済額を決めるための返済方式がどのようになっていたとしても気にする必要はないでしょう。